お知らせ トピックス

林市政にレッドカードをつきつけよう!

2017年7月14日

7.13つどい 関内ホール伊藤ひろたか市長の誕生で、市民に冷たい林市政から、市民の願いを実現する市政にしていきましょう!

7月30日は横浜市長選挙です。日本共産党は、元民進党市議の伊藤ひろたか候補を自主的に支援して、中学校給食の実現、カジノ誘致を阻止、そして市民に寄り添った市政実現のために全力を尽くしてまいります。7月13日(木)には、関内ホールでカジノ施設の誘致反対と中学校給食の実現をめざす市民のつどいが開かれました。横浜市議団9人全員、つどいがスタートする前に楽屋に入り、伊藤ひろたか候補と民進党の江田憲司代表代行をはじめ来賓の到着を待ちました。伊藤候補は、楽屋に入ってくるとびっくりし、市議団のメンバーと笑顔で挨拶を交わしました。間もなくすると、共産党の小池書記局長と畑野君枝衆議院議員が到着しました。そして、主催者・来賓・市議団で記念写真を撮りました。横浜市長選挙で野党共闘が実現したことを、本当に実感した瞬間でした。撮影が終わると、江田民進党代表代行が手を差し出し、「伊藤君を必ず当選させよう!」と市議団一人ひとりと握手を交わしました。

伊藤候補は、市会で政策・総務・財政委員会に所属し、荒木ゆみ子団長とずっと一緒の委員会でした。日経BP社の記者だった経験からも、経済・政策通として知られています。39歳で、2人のお子さんのパパでもある伊藤市長の誕生で、市民に冷たい林市政から、市民の願いを実現する市政にしていきましょう!

関内ホール

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP