お知らせ トピックス

林市長 ついにヒバクシャ国際署名に賛同

2018年10月19日

核兵器廃絶を願う被爆者、市民の働きかけ実る

10月15日 林文子横浜市長は、すみやかな核廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことをすべての国に求める「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える~核兵器廃絶国際署名」に賛同し署名しました。 日本共産党は、署名が開始された2016年4月より、「本会議やあらゆる機会を捉えて、林市長に署名に応じるよう求めてきました。しかし、林市長は「国の専権事項であり、動向を見守る」として署名を拒んできました。

全国では1188自治体の首長が署名に応じ(9月12日現在)神奈川県では横須賀市長と横浜市長のみが未署名となっていました。今回の林市長の署名は被爆者と核兵器廃絶を願う市民の粘り強い働きかけが実を結んだものです。

10-19-2018

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP