お知らせ トピックス

手だて尽くし強行許さず

2018年5月19日

2018051901_02_1

与党「TPP11」承認案可決強行で笠井政策委員長が会見

 

(写真)記者会見する笠井亮政策委員長=18日、国会内

日本共産党の笠井亮政策委員長は18日の記者会見で、政府・与党一体で強硬的に11カ国による環太平洋連携協定(TPP11)承認案の採決を強行し、関連法案の成立強行も狙っているなかで、茂木敏充TPP担当相に野党が不信任案を提出したのは当然だとして、「強行を許さないために、あらゆる手だてを取って力を尽くす」と表明しました。

笠井氏は、TPP11の承認案と関連法案について、「政府・与党が審議も尽くさず、国民に内容も十分に知らせないまま、成立ありきで突き進むなど絶対に許されない」と述べました。

その上で、TPP11は農林水産業、雇用、食の安全など「国民の命と暮らしにかかわる重大問題」であり、米国離脱のもと、国会決議に反し強行した経過や、日米の「新協議」の動きとのかかわりでも重大だと指摘。中央・地方公聴会や参考人質疑、各委員会による連合審査など、さらに徹底審議が必要だと主張しました。さらに、内閣委ではカジノ実施法案の会期内強行のためにTPP関連法案の採決を急いでいることを示し、「二重三重に許されない」と重ねて批判しました。

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP